ホーム/ できることからエコロジー

地球温暖化に対する医療法人金澤会の取り組みを紹介します

太陽光発電のご紹介

新エネルギー等事業者支援対策事業として、太陽光発電を「青磁野リハビリテーション病院」と「あおばの家」に設置しました。

当法人では青磁野リハビリテーション病院に、三洋電機のHIT太陽電池を250枚、 グループホーム「あおばの家」にホンダソルテックのCIGS薄膜太陽電池を256枚設置しました。 病院で、200W×250枚=50,000W= 50kWh、 グループホームで、115W×256枚=29,440W=29.44kWh、 合わせて79.44kWhを発電し、当法人の電気使用料の約13%をまかなうことができました。 当法人も地域を構成する良き市民の一人として、環境に配慮した取り組みをできることから始めています。

単位の話「kWh」
kWh(キロワットアワー)とは電力量の単位で、1kWhは1kW(1000W)の電力を1時間消費または発電したときの電力量です。 例えば、37型の液晶テレビ(消費電力約0.2KW)を1時間つけていると0.2kWhの電力量がかかります。

ゴミの分別化

当法人では、ゴミの分別化を行っています。

分別する目的は、

  • プラスチックなどリサイクルできる資源を有効に活用し循環型社会へ貢献する法人を目指す。
  • 法人内から排出される大量の廃棄物を分別することにより処理費の削減を図る。

を目指して行っています。

LED照明の導入

駐車場と看板の照明に、LED照明を導入しました。

LED照明導入の目的は、

  • ハロゲンランプと比較すると消費電力が少ない。(ハロゲン照明80W、LED照明30W)
  • ハロゲンランプと比較すると長寿命。(ハロゲン照明1,000時間、LED照明40,000時間)

蛍光灯の安定器の交換

安定器不良発生時に、従来のラピッドスタート式安定器をインバータ式安定器に交換しています。

交換を行うことによって生じるメリットは、

  • 消費電力量の減少(交換前68W → 交換後51W)
  • 照度アップ(交換前164Lx → 交換後177Lx)
  • 交換コストの削減(以前と比較すると1台につき¥10,000程度の削減)

駐車場の透水性舗装化

駐車場の舗装を透水性舗装にしました。

透水性舗装を行うことによって生じたメリットは、

  • 地下水の保全・涵養効果が期待出来ます。
  • 舗装材にあるすき間(空間)の働きにより、コンクリート舗装に比べて太陽熱の蓄積が緩和されるため、ヒートアイランド現象の抑制につながる事が期待出来ます。
  • 水はけも土に較べると良くなる事が期待出来ます。

節水用具の導入

節水用具を導入しています。

節水用具を導入することによって生じたメリットは、

  • 洗面所に装着しても使用感を変えずに、使用量の削減を行っています。
  • 節水用シャワーヘッドへ取替えても使用感を変えずに、使用量の削減を行っています。

エコ委員会の活動報告

当法人ではエコ委員会を設置し、様々な提言を行っています。

  • エアコンの設定温度は、原則、夏28度、冬22度とする。
  • 使用しない場所の空調、電灯、電化製品は、こまめに消す。
  • 昼休みなどでパソコンを利用しない場合は、スタンバイ状態とする。
  • 職員のエレベーター利用を一部制限する。
  • 職員向けの勉強会での配布資料は、原則1枚とする。

ページの先頭へ戻る