ホーム 診療内容/リハビリのご案内

リハビリのご案内 ~在宅生活まで連続したリハビリテーション治療を~

当院では、広々としたスペースと最新の設備、充実した専門スタッフにより、利用される方の生活様式や障害の程度に応じた適切なリハビリテーションを提供します。 医師の指導のもと、各専門スタッフが協力しながら、回復期、維持期のリハビリに取り組んでいます。 患者様が住み慣れた地域でいきいきと暮らせるように、担当チームが支援します。

理学療法

立つ、歩くなどの日常生活動作を困難にしている原因(麻痺、筋力低下、関節の運動制限など)を医学的に評価し、徒手的な運動やリハ機器を使用した運動により日常生活動作の自立を目指していきます。
【機能的電気刺激:ウォークエイド】
脳卒中後遺症などにより、歩行中のつまづきが多い方に対して、電気刺激を用いることで足首の動きを補助し歩行の改善を行います。
【バランスコーダ BW-6000】
座る、立つ、歩くのバランス機能を客観的に評価し、訓練する事により平衡機能の改善を行います。

PT

作業療法

入院や外来のリハビリを利用する方々に対して、活動に焦点を当て、治療、支援を行っていきます。この活動とは、食べること、寝ることなどの生きていく上で必要最低限のことから、 その人の役割(例えば主婦業における調理・洗濯や様々な職業に必要なもの)、趣味など個々に異なるものも含め、多岐に渡ります。

作業療法では、これらの活動から、その人に応じた心身機能を踏まえ、取り組んでもらうことで、その人自ら”~したい”という意欲を引き出していくことを大切にしています。 また、目標とする活動に必要な能力(例えば、身体のコントロール、集中力、記憶力など)を高めていくための活動も行っていきます。

OT

言語聴覚療法

様々な病気が原因で周りの人とコミュニケーションを図ることが難しくなった方(言語障害)や飲み込みが難しくご飯やお茶を飲んでむせられる方(嚥下障害)に対し、 その人らしく楽しくコミュニケーションが図れることや楽しくお食事ができるようになるためにリハビリを行います。さらには脳血管障害の後遺症や交通事故後に生じる高次脳機能障害では復職や社会参加が可能となるようリハビリを行っています。

ST

歯科衛生

歯科衛生士による正しい口腔ケアの指導や援助を行い「話せるお口」「食べられるお口」の提供を目指しています。また、義歯の適合や口の乾燥、歯茎の出血、口臭などのトラブル相談にもお応えします。 歯科衛生士だけでは対応困難な場合(義歯調整、作製、抜歯等)には、熊本医科歯科病診連携を活用し、訪問診療(往診)も行っています。

DH

回復期リハビリテーション

回復期リハビリテーション病棟では、日祝日も平日と同様のリハビリ提供に向け、365日のリハビリ実施を基本にしています。大腿骨や脊椎の骨折、股関節や膝関節の人工関節手術、脳梗塞などの脳血管疾患の病状が安定された方々に対し、多くの専門職種がチームを組んで 集中的なリハビリテーションを実施し、心身機能の回復と、家庭や社会での生活再建を目指します。

心大血管リハビリテーション

循環器疾患を有する方に、安全で適度な強度の運動や日常生活に即した包括的なリハビリを行うことによって、生命予後及び生活の質の改善を目指します。適応疾患は、心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患や心臓血管外科手術後、心不全、閉塞性動脈硬化症、大動脈疾患となります。 入院だけでなく、外来でのリハビリも行っていますので、ご相談ください。

在宅リハビリテーション

◆通所リハビリテーション
  • リハビリに特化した短時間・短期間の利用を中心に対応しており、退院直後より、スムーズに在宅生活に移行できるよう支援致します。

  • また、生きがいのある豊かな生活が送れるよう、自宅での役割の獲得や地域活動への参加や就労など目標達成に向けた多職種でのリハビリテーションを提供します。 利用者や家族、医師など関連職種でのリハビリテーション会議を開催し、目標の確認や情報共有を行っています。

◆訪問リハビリテーション
  • 退院直後の生活に不安がある方や、自宅での日常生活に支障をきたしている方に対し、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士により、ご自宅で個々の目的に応じたリハビリテーションを提供します。 また、利用者家族に対しての介護指導や福祉用具の選定、住宅改修など自宅環境の調整も行っています。医師など関連職種と共にリハビリテーション会議を開催し、目標の確認や情報共有を行っています。

ページの先頭へ戻る