ホーム/ 診療内容/リハビリのご案内

リハビリのご案内 ~在宅生活まで連続したリハビリテーション治療を~

当院では、広々としたスペースと最新の設備、充実した専門スタッフにより、利用される方の生活様式や障害の程度に応じた適切なリハビリテーションを提供します。 医師の指導のもと、各専門スタッフが協力しながら、回復期、維持期のリハビリに取り組んでいます。 患者様が住み慣れた地域でいきいきと暮らせるように、担当チームが支援します。

理学療法

病気やケガにより身体機能が低下している方、痛みを感じる方々に対し、運動療法や物理療法を行い機能の改善を図ります。 また、在宅生活に向けての家屋改造等の調整も行います。

◆運動療法
日常生活動作を困難にしている原因(麻痺、筋力低下、関節の運動制限など)を医学的に評価し、運動により生理的影響を考慮して筋力、関節の動き、体力を向上させます。
◆物理療法
痛み・筋緊張の緩和などの身体の生理機能の改善を電気・光線・温熱・寒冷・牽引などの物理的なエネルギーを利用した治療法です。

作業療法

身体的な機能の改善や精神・社会的な問題も含めた生活援助、心理的サポートを行います。 また職業復帰に対する支援や社会の中での役割を獲得できるような支援を行います。

◆心身機能に対する作業療法
低下した機能を回復するために、作業活動を利用して筋力強化、関節運動や指の細やかな動きの改善を図ります。 また、自信や生き甲斐の喪失などによって生じるストレスや不安、意欲の低下に対してもサポートします。
◆ADL訓練(日常生活動作)、QOLへの支援
食事・着替え・身だしなみ・トイレ・入浴など実際の生活に必要な行為の改善と、利き手交換、片手動作訓練、自助具の作成などを行います。 また、掃除・洗濯・調理・買い物・交通機関の利用など生活に必要な動作の獲得を図り、生き甲斐に対する支援も行います。

言語聴覚療法

様々な疾病が原因で「聴く」「話す」「読む」「書く」「食べる」ことに障害を持った方へ、機能の向上や、残された能力を維持・活用するための検査・訓練・助言・指導を行います。 ご家族の皆様をはじめ、様々な専門スタッフと連携をとりながら問題解決に取り組みます。

◆言語聴覚療法
脳血管障害に伴う言語や音声機能などの低下により、コミュニケー ションに支障をきたした方へ機能の向上や、残された能力を維持するための検査・訓練・助言・指導などの援助を行います。 またご家族への助言も行います。
◆摂食機能療法
言葉を話す器官と食べる器官は共通の器官を用いることから、食事、特に咀嚼から飲み込むまでに問題のある方にもさまざまな職種と連携して評価・訓練・指導を行います。

心大血管疾患リハビリテーション

循環器科疾患を有する方に、安全で適度な強度の運動や日常生活に即した包括的なリハビリを行うことによって、生命予後及び生活の質の改善を目指します。 適応疾患は、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患や心臓血管外科手術後、心不全、閉塞性動脈硬化症、大動脈疾患となります。

包括的呼吸リハビリテーション

地域医療貢献の一つとして、慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎などの呼吸器疾患のある患者様に対して、包括的呼吸リハビリテーションを行っています。 包括的呼吸リハビリテーションとは、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、栄養士、薬剤師、医療ソーシャルワーカー等が、 それぞれの専門性を生かしチームを組んで包括的に患者様の評価を行いながらリハビリテーションを行うことです。 呼吸器疾患の診断には、CT(80列)検査、動脈血液ガス分析(体内の酸素の状態をみる)、肺機能検査などを行っています。

歯科衛生

歯科衛生士による正しい口腔ケアの指導や援助を行います。また、義歯の適合や口の乾燥、歯茎の出血、口臭などのトラブル相談にもお応えします。

通所リハビリテーション

せいじのデイケアセンターでは在宅で生活されている方へ医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士等の専門職にて目標や目的に沿った時間設定で活動を提供し、リハビリテーションや、医療面の管理、小グループでの活動などを提供します。 また、必要に応じて食事・入浴・ご自宅までの送迎など各種サービスも行います。

せいじのデイケアセンターの詳細はこちら

訪問リハビリテーション

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がご自宅を訪問し、基本的な運動能力、トイレや食事等の日常生活動作、家事動作、社会参加などに向けたリハビリテーションを提供します。 また、ご家族に対して介助方法の説明や指導、福祉用具の調整や住宅改修など様々な支援を行います。

ページの先頭へ戻る