ホーム/ 理念と歩み/患者憲章

患者憲章

すべての患者様は、「患者中心の医療」の理念のもとに、安全で信頼のおける医療を受ける権利をもっています。 私たちは、患者様に寄り添い、互いの信頼関係を築き、良質な医療を実現するため、また、患者様にも主体的に参加していただくために、「患者憲章」として以下の様に定めます。

患者さまの権利

1.良質な医療を公平に受ける権利
患者様は、良質かつ適切な医療を公正に受ける権利があります。 私たちは、患者様に誠意をもって接し、常に公平であるとともに、適切で安全かつ良質な医療の提供を目指した知識・技術の研鑚に努めます。
2.医療に関する説明や情報を知る権利
患者様は、自分の病気・検査や治療の内容・治療の見通し・看護等について、納得いくまで十分な説明と情報提供を受ける権利があります。 私たちは患者様とのコミュニケーションを大切にし、患者様のご理解に役立つようわかり易い言葉や方法に努めます。
3.選択の自由と自己決定の権利
患者様は、十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方針などを自らの意思で選択する権利があります。 また、どのような治療の段階においても、他の医師や別の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)をお聞きになりたいというご希望も尊重します。
4.個人の情報が守られる権利
患者様は、診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られるとともに、病院内で可能な限り個人の生活を守られる権利があります。 私たちは、このような患者様のプライバシーについて厳正に取り扱います。
5.尊厳を守られる権利
患者様は、医療の各場面で、各々の人格、価値観などを持ち、個人として尊重される権利があります。 私たちは、患者様の個々の思いや希望を尊重し、お互いに協力し合いながら医療をつくり上げていくように努めます。

患者さまへのお願い

1)安全で良質な医療を実現するためには、医師をはじめとする医療従事者に対し、患者様ご自身の心身に関する状況をできるだけ正確にお伝えください。 また、皆様のご希望の他、お考え、悩み等もご遠慮なくお伝えください。
2)病院では、多くの患者様に各々の医療を提供しています。そのためにも、患者様には通常の社会生活ルールと同様にご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る